養生術研究会とは

当会は、主宰者の二度の大病(白血病、脳出血)からの生還の体験から「本当に大切な事は今この時を幸せに生ききること」という考えのもと、執着ではなく養生しながら大切に毎日を生きる為の知慧を様々な角度から提案していく会として約20年間活動を続けています。そしてたどりついた事は生と死はあわせ鏡、死を未来にあるものとせず、この時訪れるものとして今を養生することを発信しています。

活動内容例

 

トピックス写真

 

  • 推拿自然療法の施術と教育
  • 養生術講座(呼吸法と気功法)の指導
  • 中医学(基礎学、中薬学、易学)の指導
  • 食養生、時間養生の指導 
  • 精進料理教室・薬膳料理
  • 自然体験ワーク
  • 陰陽五行易学講座  その他

活動拠点

 

トピックス写真

 

  • 無為庵 群馬県利根郡みなかみ町永井637-4
  • 前橋無為庵 群馬県前橋市天川大島町2-32-5
  • 群馬県前橋市川曲町267-9  027-253-0486
  • 大阪無為庵 大阪府吹田市昭和町5-7

研究会代表

田村 泰久

090-4421-0690

 

 

トピックス

 

 

トピックス写真

 

トピックス写真

 

トピックス写真

 

トピックス写真

 

 

雨を楽しむ

暦では六月の二十四節気「芒種」を過ぎて5日目が入梅となる。今年はほとんどずれず、気象庁が関東地方に梅雨入りを発表した。うっとうしい雨と思う人もいるが農家では天からの恵みの雨でもある。それなのに近年ゲリラ豪雨などと呼ばれ、大洪水にみまわれた地域もあれば、一滴も降らず大旱魃にみまわれた地域もある。どちらも大災害だが、私達は今こそ大自然への畏怖の念を忘れず、どう対処するかを考えていかなければ、次の世代に文化も対処法も伝承できないであろう。因みに、暦では七月中旬から八専の日が続く。八専は晴れなら晴れ、雨なら雨が続きやすいと言われる。今年の七月は果たしてどうだろうか?

先日、みなかみ無為庵の裏山にある雑木林を歩いてみた。林の奥から流れてくる涼風が木の葉を揺らし流れ、私の頬を優しく撫でていった。次の一瞬、眼下を流れるせせらぎが一際大きな音で私の耳に入ってきたように思えた。川辺には山葵の花が咲き乱れ傍らの山人参の葉と、トリカブトの葉の緑が山葵の白い花を一層引き立てていた。温泉の湧き出る場所では、ポコポコと湧き出る音と雨粒が水面に落ちる音色がリズムを取っているようで何故か梅雨空に微笑み返した。雨は落ちてあたるものによって様々な音色を出している。川面、岩、小さな葉、大きな葉、朽ちて倒れた巨木。雨音を聴く。高い音、低い音、一滴の雨音が互いに和合して心地良い妙なる旋律を奏でてくれる。雨が降り、雑木林にそよぐ風が音と共に様々な香りを運んでくれ、何とも清々しい。心の中で何となく混沌としていた思いが消えていき、目の前がすっきりした気持ちになった。木々も草も苔達もみな活き活きと見えてきた。「雨を嫌いだ!」と否定的にならずに雨を楽しむ為に出掛けてみるのも面白いと思う。

『山のはの ほのめくよひの月影に

光もうすく とぶほたるかな』

道元禅師和歌

山の木々が緑深く澄み渡る七月。雄大な山々を目前にすると、とても清々しく、心も澄みきって大切な心構えを取り戻すような気持ちになる。それは荘厳な大自然のあまりに素晴らしいその存在に惹きつけられ、ちっぽけな人間の実社会での些末な善悪や勝ち負けなどの問題からすっかり遠のいてしまうからであろう。置かれている立場で、最大限の努力をしながら真摯に取り組んでいても、壁にぶつかることもあるだろう。そんな時は、つい置かれた環境の悪い面や、出すぎた発言、消極的な側面やネガティブな面ばかりが気になり、本来大切にするべき良い所や、ポジティブな肯定的側面を見失ってしまいがちである。大切なことは、「放下着(ほうげちゃく)」。とらわれるべきではないことはすべて手放し、ただひたすら濁りのない心の有り様を目指し、努力を惜しまない事だと思う。

今年も多くの方々から多大なる「心の布施」をいただいている。この気持ちに報いる為には私自身の全霊を込めた、前に進む気持ちへの努力だと思う。命尽きるまで道を求めて歩こうと思う。

また、谷川の水音がする。山から野猿の鳴く声が谷に木霊する。続けざまに聴こえるその声は、なんともいえない響きがあった。心に説くような、まさにお経のような心地であった。風も谷川から夕方の静寂を運んできた。この山も川もすべてが、陰陽を司る仏様に見えてきた。

 

 

 

人生半ばの回顧録 vol.26

 

回顧録写真

 

回顧録写真

 

回顧録写真

 

回顧録写真

 

回顧録写真

 

 

この村長は長年続けて様々な功績を残し、今年後進に道を譲り、私に電話をくれた。 「辞めてヒマになって、先生のカレンダー見てたら、『災害、事故に注意する日』ってあったけど、いやぁたまげたさぁ! この日、村で突然、原因不明の停電が何時間か続いてさ! そしたら、ヘリコプターが落ちてきたさ! それも、先生がよく『気が滞っていて通るのがいやだ』と言ってたあの橋の上にだよ! こんな事もわかるんかい! 先生はスゲェーねぇ!」私は自然界の仕組みには文明は役に立たないことを話し、近いうちにヘリの落ちた橋に供養に行くと、再会を約束して電話を切った。  この村で多くの経験を積まさせていただいた私はその後、出張の施術が増えていった。外科的、内科的、心療内科的経験と知識が、少しずつついてくると不思議にその病の方とご縁ができるようになるのだ。  この頃、お寺の住職ご夫婦の施術をさせていただくようになったが、この和尚さんとの出会いも私の治療家として、あるいは人間として大きな影響を与えていただいた。  和尚さんは、80歳になるが身長が高く、振る舞いも話し方もとても穏やかで、陽だまりで人を包んでくれているようなお方だった。奥さまは「私は島津藩の姫様だったのよ! それがこんかお寺に嫁に来てたいへんだったのよ!」と、いつもまくしたてるのだが「でもね、幸い和尚さんはいい男だったし、お義父さまもやさしい人だったのよ(笑)」と茶目っ気があり、かわいい方だった。  和尚さんの主訴は、草刈が原因の腰痛で、歩行も難しいとのこと。奥様は太り過ぎで、両膝が痛いとのことで施術をさせていただいた。施術やテーピング、温灸やリハビリなど、様々な施術反応を見ることができた。それからは、週一回お寺に顔を出し、施術の後、本堂の掃除や枯山水の庭の手入れ、草刈りなども手伝わせていただいた。庭の石が「心」の字に配置され、筋を入れた白砂は流れる川を表現し、松とモミジの葉は雲を表現して、禅語の「行雲流水」を現している「雲水」という修行僧の別名はとどまることのない雲と水のように生きなさいという教えだと和尚さんから初めて教えていただいた。  和尚さんご夫婦とご縁をいただいたある日、奥様(この頃は、ばあちゃんと呼ばせていただいていた)の施術をしていると「先生、今度和尚さんと私がバスで永平寺に行くのだけど、和尚さんの面倒を一人では見られないから一緒に来てね!」と一方的に頼まれ、返事も聞かずにばあちゃんは続けた。「作務衣とか着物はお寺で用意するから先生は、今日本堂で得度式してもらうからね! そうじゃないと身近で世話できないからさ!」得度とは僧侶になることで、あまりの突然の話にあっけにとられていると「ほら、さっさと本堂に行きなさい!和尚さんを待たせるんじゃないよ!」と諭され本堂に行くと、和尚さんが合掌しながら「すまないねぇ」と言われると笑顔で「よろしくお願いします!」と話す私であった。  まったく自由奔放なばあちゃんと、知覧で特攻の悲惨と矛盾も知り、ひたすら穏やかに祈りの中にいる和尚さん、不思議と相性がいいように見られた。  ある日のこと、私は施術で訪れていた日帰り温泉施設のトイレでバッグを盗まれた。中にはサイフ、電話、保険証が入っていたのでがっくりして、お寺で和尚さんに「ひどいことをする者がいるでしょう! 参りましたよ!」と愚痴をこぼすと和尚さんは突然、目を見開いて「喝!!」と初めて聞く太く響く声をあげた。びっくりして一瞬固まっていると「すぐ本堂に来なさい!」と真っ直ぐに見る和尚さんに私はただ「はい!」と従うしかなかった。  本堂で御本尊、釈迦牟尼仏の前に正座すると和尚さんは、普段の穏やかな声で説法してくださった。「いいかね先生、バッグを盗まれるような不用意な隙を作り、誰かを盗人にしたのは先生の罪なんだよ!おかげでその人は一生、他人の物を盗んだという自分にだけはつけない嘘をつき、罪をかぶったのだよ! この罪の種を作った先生は釈迦牟尼仏に懺悔して経を唱え、その者の罪を許してもらいなさい! そうすれば先生の罪、怒り、口惜しい、卑しい心も消え、許されるよ!」。  私は和尚さんと般若心経を唱えた、すると不思議と私の卑しい気持ちは消えたのだった。和尚さんは私の目を見て「廓然無性」とお話し下さった。

(つづく)

 

 

2019年7 月


出張施術

高崎方面

 

養生術実践勉強会 9:30~

前橋無為庵


養生術呼吸気功法講座

10:00~

前橋南町公園 19:30~

前橋東公民館

 

 

座禅会

8:30~

養生術実践勉強会 9:30~

前橋無為庵

 


出張施術

沼田方面

10

出張施術

前橋市内

11

養生術半日勉強会 9:30~

前橋無為庵

 

 

12

 

 

 

 

 

 

13

14

養生術半日勉強会

9:30~

前橋無為庵

 

 

 

 

15

 

 

 


16

    

 

 

 

17



18

 

 

 

 

 

 


19

秋田出張

 

 

20

秋田出張

 

 

 

 

 

 

21

秋田出張

 

 


22

秋田出張

 

 

 

 

 

23

 

 

 

 

 


24

 

 

 

25

 

 

 

 

 

 

 

26

施術会

9:00~

吹田無為庵

 

 


27

施術会

9:00~

吹田無為庵

 

 

28

早朝座禅会

8:00~

養生術実践勉強会 9:30~

吹田無為庵

 

29

養生術半日勉強会

9:30~

吹田無為庵

 

30

早朝座禅会

8:00~

養生術実践勉強会 9:30~

吹田無為庵

 

31

養生術呼吸気功法講座

9:15~

茨木ローレル集会所

 


 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

※日程は変更または中止になる場合がありますので直接確認して下さい

2019年8月


 

養生術呼吸気功法講座 10:00~

前橋南町公園

19:30~

前橋東公民館


 

 

座禅会

8:30~

養生術実践勉強会 9:30~

前橋無為庵

 


 

養生術実践勉強会 9:30~12:00

前橋無為庵

 

 

 

 

 

 

 

 

10

みなかみ無為庵夏ワーク

11

みなかみ無為庵夏ワーク

 

 

 

 

12

盆休み

 

 


13

盆休み

 

 


14

盆休み


15

盆休み

 

 

 

 

 


16

盆休み

 

 

17

 

 

 

 

 

 

18

養生術半日講座

9:30~12:00

前橋無為庵


19

 

 

 

 

 

20

 

 

 

 

 


21

 

 

 

22

養生術半日講座

9:30~12:00

前橋無為庵

 

 

 

 

23

施術会

9:00~

吹田無為庵

 

 


24

施術会

9:00~

吹田無為庵

 

 

25

早朝座禅会

8:00~

養生術実践勉強会 9:30~

吹田無為庵

 

26

養生術半日勉強会

9:30~12:00

吹田無為庵

 

27

早朝座禅会

8:00~

養生術実践勉強会 9:30~

吹田無為庵

 

28

養生術呼吸気功法講座

9:15~

茨木ローレル集会所

 


29

養生術呼吸気功法講座

10:00~

前橋南町公園

19:30~

前橋東公民館

30


31


 

 

※日程は変更または中止になる場合がありますので直接確認して下さい

ページ先頭へ